アニメ第3期考⑧ ‐ 第3話感想①

作品考察
©2023 佐島勤/KADOKAWA/魔法科高校3製作委員会

※4/22、修正・追記しました。
※4/27、追記しました。

第3話を見ました。

サプライズに完全にやられました!笑

『恒星炉公開実験』の様子も描かれていて、重要資料回でしたね~^^

※以後に添付する画像のクレジットは、特に注記が無い限りは、「©2023 佐島勤/KADOKAWA/魔法科高校3製作委員会」です。

絵・表現/演技・演出

アヴァン

2095年11月6日(土)

真夜様が入室してから腰を上げる深雪。ちょっと非礼なのでは?と思ったけど、ジミーさんがわざとそうしたのかもしれない(後述)。

この表現すき!

こういう意図があったとのこと。

女の対決こわっぴ

デッッッッッッッッッッ

デッについての監督解説!

真夜にだけお茶がだされる。めっちゃ失礼。笑

なお原作だとここに風間もいて、真夜・深雪・風間の3人に出されている。(達也「守護者」 ガーディアン なので原作でも立ちっぱ)

監督による失礼演出の解説!

引き続き監督解説。衣装と髪型は気づかなかった! なんという嫌がらせ……。

こんな嫌がらせをする理由については、5つのパターンを想像している。

  1. 真夜の狂気的な側面が露出した。
  2. 深雪の神経を逆撫ですることで達也を苛立たせ、間違いなく逆らうであろう達也への命令を有利に運ぼうという交渉術。
  3. ①と②の両方。
  4. ②のようなことをして、可愛い甥とじゃれたかった。
  5. ①②④すべて。

まぁ、真夜様は壊れてるので、よくわからん。

その他、レイアウト面でも意識されていたそうです。

アヴァンで気になった演出、「縦方向に光が伸びる」。

たとえばここは、机に葉山さんの手が反射して、縦方向に光が伸びてる。

これはわかる。

でもこっちは、深雪の椅子の後ろに、葉山さんの髪の毛の反射光?が縦に伸びてる。

物理的には絶対ありえないので、印象的だった。

鏡像に焦点を当てる演出。

やはり意図的なものだったようです。

五輪澪キターーーーー!

日本唯一の「十三使徒」

そしてベゾくんもキタ!!!!!

〈来訪者編Ⅰ〉のアヴァン、何度も拡大して見てたよ……。

これ可愛すぎない!?!?!?

眼圧つよ!!!

警戒をにじませているような目つき。

どこか蔑みも感じられるような気がするのは、たぶん気のせい。

なんとなく「紅いな?」とは感じてたけど、へぇ~

営業に余念のない担当さん!

Aパート

4月20日(金)

3話、全体的にあーちゃん愛にあふれていた。

仲良いねぇ~

愛を感じる。

レッツ営業!

お久しぶりの廿楽先生

CVは、1期から引き続き荻野晴朗さん。

風紀委員組がいない。

~4月23日(月)

『恒星炉公開実験』準備
放射線実験室で進められる実験準備。

機材めっちゃ多い!

チラっと視線を向ける千秋(・∀・)ニヤニヤ

ワイワイと楽しそう。

七宝家

初出! 七宝家!!!

拓巳の書斎。書類いっぱい!

息子に呆れるパパ。つら……

CVは玉井勇輝さん。

琢磨の激情、全然理解出来へんけど、少年らしさあふれてて好き。

あっさり言質とられてるの好きすぎてw

ここの演技、ホンマ好きやわ~

とりわけ、「俺はそこまでガキじゃない」の演技が好き。口をとんがらせてる感がすごい(笑)

野党・民権党神田議員

支持を得るためだけに反魔法主義に乗っかってるだけで、本音では別に嫌いでもないし好きでもない。

いわゆる「政治屋」と、個人的には理解している。

Bパート

4月24日(月)

『恒星炉公開実験』本番

初登場! 百山東

八百坂も初登場。

〈来訪者編Ⅺ〉で、始業日に喋ってるのは「百山校長」(CV.中村章吾)となってるんだけど、シルエット的には八百坂っぽくない???

という疑問はスルーしよう。笑

神田キタ!

CVは、百山校長は中村章吾さん。

八百坂教頭が神尾晋一郎さん、神田議員が深澤純さんでした。

実験設備、めちゃくちゃ大がかり!

ナチュラルにケントいるw

原作通りの展開やけど、アニメ的にはどういう経緯でそうなった?という。。。

誰ぞ、「ラブコメの波動感知ロボ」(ピクシー)を此処に!(『来訪者編 お疲れ様本』参照)

琢磨www

ここの廿楽先生、すんごく好き。

神田「課外実験をしていると聞きましたが、いったい何をしているんですか?」

廿楽「生徒がカリキュラムに含まれていない実験を自主的に行っているのです」

答える気ゼロすぎてwwwww

ここの神田、『魔人探偵脳噛ネウロ』の仮面早坂すぎるw

『灼熱のハロウィン』しか知らない、それでしか擦れない無能記者すきw

そこはかとなくウエメセ感漂う琢磨!

……だから隣の長髪君は誰???

実験開始!

ここの髪の揺らめき具合、すき!

ユニフォンも対称なんですね

手をつないでいない!?

乗積魔法ではない??? いやしかし……。

『精霊の眼』 エレメンタル・サイト で観察する達也

キャラによってサイオンの色が違うの、イイネ

重力制御②発動!

激しく輝く、恒星炉照準補助システム!!!

恒星炉のキモのひとつだと理解しています。

ところでここのBGM、『星を呼ぶ少女』感をめっちゃ感じた。

クーロン力制御の演出、独特やなって。

容器中央の直径10cmの球形領域において、重力が100倍、クーロン力が1/10000となり、ついに核融合反応がスタート!

呆然とする神田とマスコミ(笑)

本気で悔しそうな琢磨www

温度アラームがやたらアナログな謎w

重力制御①は維持しつつ重力制御②だけ解除したため、サイオン想子光? 余剰想子光?)は減りつつも消えはしない、というきめ細やかな演出。

おつ水波

小さくガッツポーズ!

達也さんさぁ、指示出してるときはユニフォンやったのに、なんでマイク持ってるん?

いじめ? 会長いじめ???笑

会長愛にあふれすぎているスタッフが間違いなくいる!

あふれすぎている!!!!!

エイミィもガッツポーズ。

後ろの千秋にも注目。実験開始前は不安そうだったのに。

安心したんだろうなぁ。

ほんと琢磨すきだわ~

実験成功!

おめでとう!!!!!

記者「今のはいったい、何だったんです!?」

廿楽「常駐型重力制御魔法式熱核融合炉の実験です」

相変わらずちゃんと答えない廿楽先生。

好きすぎる。

ここの高笑いもすごく好き

マスコミの顔つきの変わり具合もすごく好き

あとお前、ホンマに『灼熱のハロウィン』しか知らんのやなぁって笑

もっと真面目に仕事してもろて

一介の教師にやり込められる政治家w

まぁ廿楽は優秀すぎて魔法大学から出向させられた人なんだし、このくらいは当然と言えば当然……なのか?

ここの廿楽の「ああん? それだけか? もう一言二言ないんか? オォ?」って感じの無言の圧力が好きすぎる。

教師に負ける政治家w

気づいてへんかもしれへんけど、原作ではちゃんと録音されてるのでwww

ご愁傷様です。

ここのセリフ、カットされなくて本当にうれしい。(本来はジェニファーとの会話にあたるシーン)

青春すぎィ!!!

あっ(資料パートで後述します)

目が、目がァァァ!!!(青春まぶしい)

営業は大事!!!

いやマジで原作読まないと分からんのよな。

まぁ、読んでも分からないんだが。笑

達也誕生日

サプライズリーナ!!!!!

八重歯!!!!!(ツンデレフラグか?)

温度差が酷いwwwww

氷炎地獄か?

「寂しいなんて思ってないし」

ツンデレ可愛すぎんか?

あとさ、まだひと月も経ってへんぞ?笑

「勘違いしないでよね! 絶対だからね! タツ」プツッ

無慈悲すぎるwwwww

ありがとう……

サプライズアニオリありがとう……………

ふつくしすぎる……………

原作挿絵見たとき、「やっぱ女性って髪型で変わるよなぁ」みたいなことを思った記憶。

夫婦かな?

ところで深雪の髪型、真夜様とそっくりだな?

四葉本家

ニュースにもなったんですね。

2095年11月6日(土)

紅茶を介して過去に戻る演出。

バチバチっすね

わざとらしいこの表情、正直すき

画面が傾く演出、かなりすき

足下の不安定感、不穏感

不穏感!!!

目力!!!!!

『流星群』 ミーティア・ライン !!!

ついにアニメで描かれた!!!!!

嬉しすぎる!!!!!!!!!

「夜」を打ち破る演出。

この後、再び紅茶を介する演出で現代に戻り、一件落着で第3話は終了。

資料ピックアップ

第一高校

魔法幾何学準備室

廿楽との話し合いは、原作では生徒会室で行われてるけど、アニメでは1期〈横浜騒乱編Ⅰ〉Aパートと同じ部屋に変更されている。

部屋の奥を望む構図の比較。

部屋の扉側を望む構図の比較。

どちらもそっくり。

ということで、この部屋は「魔法幾何学準備室」でしょう。

放射線実験室

放射線実験室。広っ

壁面の設置物 is 何?

天窓???

正門前広場

正門前の様子。

アニメでは案外見かけない気がする。

校長室

アニメ初登場!

ちなみに飾られている絵画は、

John Constable『Wivenhoe Park, Essex』(1816)

のようです。

恒星炉公開実験

概要説明

まずは役割分担。

  • ガンマ線フィルター光井ほのか
  • クーロン力制御魔法五十里啓
  • 中性子バリア桜井水波
  • 『第四態相移行』 フォース・フェイズ・シフト 七草泉美七草香澄
  • 重力制御魔法司波深雪

準備の様子

放射線実験室に運び込まれた機材。

装置類

高強度耐熱樹脂で作られた球形水槽。耐圧性が高い。

アニメ1期で出てきたロボ研の設備に似てない?

原作よりも大きく描いたとのこと。

こうやって見ると、確かにアニメとコミカライズでサイズが違う気がする。

この球形水槽が〈横浜騒乱編〉で登場した常温プラズマ発生装置であるならば、原作に記述されている大きさは直径120cm程度。

……ということは、コミカライズ版でも、明らかに大きめに描かれてるな。

設備、めっちゃ大がかり!

俯瞰図。

気体成分分析器?

ガスクロか?

注水ポンプ系?

左下の2台は何やろ。電源供給とか?

重力制御魔法①・②のための据置型CAD

緻密な制御が求められる実験なので、要求性能も大きく、したがってCADもデカくなる。

なお、大型CADを使っているのは深雪だけで、他のメンバーは普通のCAD魔法を発動している。

深雪の作業に求められる能力はそれだけ高い。

『第四態相移行』 フォース・フェイズ・シフト は、普通の汎用型CAD

中性子バリアも汎用型CAD。

ガンマ線フィルターも同じく。

恒星炉に使用されている、多数の照準補助装置

球形容器中央の高重力領域における物質の質量分布をリアルタイムでモニターし、深雪が操作している据置型CADに情報を伝達している。

最後のクーロン力制御魔法も、普通のCADで発動。

系の温度圧力が300℃・100atmに達したことを知らせる赤ランプ。

なぜここだけこんなに古風なのか?笑

大掛かりな気体分析システム。

ガスクロかな?

分析完了後は、注水系統として利用。

常駐型重力制御魔法式継続熱核融合反応の様子

初期状態。

水(重水・軽水の50%混合水)は、球形容器の底に溜まっている。

重力制御①を発動した様子。

容器内の混合水が壁面に張り付いた。

第四態相転移を実行。

容器内の気液界面で、混合水のプラズマ化が進行する。

中性子バリアを発動。

中性子の外部漏出に備える。

ピンク色のエフェクトがプラズマを容器中央部に抑え込む様子が窺えるが、『中性子バリア』は「中性子を跳ね返す」だけの魔法なので、プラズマが抑え込まれている理由はよく分からん。

さらにガンマ線フィルターを発動。これは、これから発生するガンマ線を、可視光線のレベルにまでエネルギー的に弱めるためのもの。(ガンマ線も可視光線もどちらも同じ「光」)

黄色のエフェクトが、中性子バリアを包んでいる。

ここは原作とは異なっており、要確認。

さらに、重力制御②を発動!

容器中央、直径10cmの球形領域の重力が100倍となる。

この段階で、微小領域では核融合反応が起こっているかもしれない。

容器中央が明るくなったのは、そのためかもしれない。

高重力領域をモニターする照準補助装置群が激しくきらめく。

これらの仕事なしには、おそらく深雪でも魔法を維持できないのだろう。

達也は、進行状況を常に『精霊の眼』 エレメンタル・サイト でチェックしている。

最後に、クーロン力制御を発動!

高重力領域のクーロン力が1/10000となり、核融合が始まる!

核融合開始!!!

めちゃ明るい。まさに「恒星」炉……!

内部環境が100atm・300℃に到達し、ここで実験終了。

クーロン力制御、重力制御②を解除。

重力制御①は継続。

まずガンマ線フィルターを解除。

続いて、重力制御①も解除。

壁面に張り付いていた水が落下する。

中性子バリアは、まだ維持する。

球形容器に気体成分分析機を接続。

分析担当はケント

気体成分の簡易測定。結果は、水蒸気水素重水素ヘリウム

放射性物質の混合は観測されなかった。

気体成分分析の結果を受け、冷却のための注水を開始。

熱いので蒸気が立ち込めるが、すぐに満水となる。

放射性物質が無いことを確認し、ようやく中性子バリアも解除!

実験成功!

未来を切り拓いた!!!!!

七宝家

初登場! 七宝家の外観!

七宝拓巳の書斎。資料だらけ……

扉を開いた左手は、資料資料資料。

右手はモニター。

四葉家・司波家

達也の私室

司波達也の私室。

そこはかとなくよさげな椅子

ファイルは連番管理!

達也の習性?

これ、椅子なのか。

魔法

流星群〈ミーティア・ライン〉

ついにこの魔法が映像で!!!

真夜様『流星群』 ミーティア・ライン を発動!

夜空的な映像は演出。

光が収束し球状になる。

「光線の通り道」を定義した魔法式が現実を改変。

「通り道」を阻むものがあれば、それは「阻めない」状態、すなわち「穴が開いた」状態に改変される。

障壁魔法を展開すれば現実の光子の移動は阻めるが、「光線の通り道を作れ」という定義内容は実行され、穴を穿たれる。

やばやば魔法ですね……