十師族

七宝琢磨

七宝琢磨【しっぽう・たくま】は、第一高校の2096年度入学生で、新入生総代。部活連執行部所属。師補十八家のひとつ、七宝家の長男で次期当主。

七草泉美

七草泉美【さえぐさ・いずみ】は、第一高校の2096年度入学生で、2097年度生徒会会長。七草家の三女で、七草家当主・弘一の後妻の娘。七草香澄の一卵性の双子の妹。一高では、特に同級生の間で、香澄とともに人気がある。マスコット的な愛でられ方、「皆のアイドル」的な慕われ方をしている。

七草香澄

七草香澄【さえぐさ・かすみ】は、第一高校の2096年度入学生で、2097年度風紀委員長。七草家の次女で、七草家当主・弘一の後妻の娘。七草泉美の一卵性の双子の姉。一高では、特に同級生の間で、泉美とともに人気がある。マスコット的な愛でられ方、「皆のアイドル」的な慕われ方をしている。

司波深夜

司波深夜【しば・みや】は、四葉家初代当主・四葉元造の長女で、3代目当主・四葉真夜の一卵性の双子の姉。司波達也と司波深雪の母。世界で唯一の『精神構造干渉魔法』の使い手で、「忘却の川の支配者」の異名で畏怖されていた、世界最高の精神干渉系魔法師。6歳当時の達也に仮想魔法演算領域を植え付けた人物。

十文字家

十文字家【じゅうもんじけ】は、二十八家のひとつで、十師族の一角。七草家とともに、伊豆を含む関東地方を監視・守護している。

四葉家

四葉家【よつばけ】は、二十八家のひとつで、十師族の一角。東海及び岐阜・長野方面を監視・守護している。当代における世界最強の魔法師の一人と目されている四葉真夜を当主に戴くことによって、七草家と並ぶ十師族の双璧と見なされているが、「十師族の中でも突出した存在」、「四葉家は十師族を離れてもやっていける」などと評する声もある。

一条家

一条家【いちじょうけ】は、二十八家のひとつで、十師族の一角。北陸・山陰地方を監視・守護している(京都も一部担当)。その得意魔法の名を以て「爆裂」の異名をとる。

一条将輝

一条将輝【いちじょう・まさき】は、十師族・一条家の長男で次期当主。2079年度生まれ。第三高校の2095年度入学生で、新入生総代。風紀委員。また国立魔法大学の2098年度入学生。得意魔法は『爆裂』。13歳の頃に初陣を果たし、「クリムゾン・プリンス」の異名をとる。2095年度の九校戦で深雪に一目惚れした。

司波深雪

司波深雪【しば・みゆき】は、第一高校の2095年度入学生で、新入生総代。また、2096年度生徒会会長。司波家の長女で、司波達也の妹。四葉家現当主・四葉真夜の姪。この世のものとは思えない美貌の持ち主。自身の行動基準の中心にあるのは達也であり、ある事情から「自分の全ては達也のもの」だと思うようになった。

司波達也

司波達也【しば・たつや】は、第一高校の2095年度入学生。四葉家の3代目当主・四葉真夜の甥であり、妹・司波深雪のガーディアン。国防軍の特務士官で、日本の国家非公認戦略級魔法師。FLTの天才魔工師「トーラス・シルバー」のソフトウェア担当者でもある。

七宝家

七宝家【しっぽうけ】は、二十八家のひとつで、師補十八家の一角。2097年2月4日の師族会議において、四葉真夜の推薦で1日限りの十師族となり、翌2月5日の十師族選定会議で正式に十師族に選出された。その後、「九」の各家とともに、京都・奈良・滋賀・紀伊方面を監視・守護している。

八代家

八代家【やつしろけ】は、二十八家のひとつで、十師族の一角。沖縄を除く九州地方を監視・守護している。

七草家

七草家【さえぐさけ】は、二十八家のひとつで、十師族の一角。十文字家とともに、伊豆を含む関東地方を監視・守護している。

六塚家

六塚家【むつづかけ】は、二十八家のひとつで、十師族の一角。東北地方を監視・守護している。

五輪家

五輪家【いつわけ】は、二十八家のひとつで、十師族の一角。四国地方を監視・守護している。

三矢家

三矢家【みつやけ】は、二十八家のひとつで、十師族の一角。現在も活発に活動している第三研の運用を、三日月家と協力して行っている。

二木家

二木家【ふたつぎけ】は、二十八家のひとつで、十師族の一角。阪神・中国地方を監視・守護している。

九島家

九島家【くどうけ】は、二十八家のひとつで、十師族の一角。京都・奈良・滋賀・紀伊方面を監視・守護している。2097年2月4日の師族会議において十師族の地位を降り、師補十八家となった。

七草真由美

七草真由美【さえぐさ・まゆみ】は、第一高校の2093年度入学生で、新入生総代。2094年度生徒会会長。七草家の長女で、七草家当主・七草弘一の後妻の娘。一高での人気は高く、ファンクラブらしきものも存在しているらしい。

四葉真夜

四葉真夜【よつば・まや】は、四葉家の3代目当主。当代の世界最強と目される魔法師の一人で、畏怖を込めて「極東の魔王」「夜の女王」の異名で呼ばれている。司波達也と司波深雪の叔母で、司波深夜の一卵性の双子の妹。七草弘一の元婚約者。2代目当主の四葉英作が亡くなって当主の座を継いだ。
タイトルとURLをコピーしました