アニメ第3期考㉑ ‐ 第9話感想①

作品考察
©2023 佐島勤/KADOKAWA/魔法科高校3製作委員会

※6/5、ちょっと追記しました。

〈古都内乱編Ⅰ〉の感想①です。

原作のネタバレがあるのでご注意ください。

※以後に添付する画像のクレジットは、特に注記が無い限りは、「©2023 佐島勤/KADOKAWA/魔法科高校3製作委員会」です。

絵・表現/演技・演出

アヴァン

〈古都内乱編〉は9月23日(日)の司波家から。

原作14巻は達也『バリオン・ランス』開発に取り組む様子から始まるが、バッサリとカット。

亜夜子文弥がやって来た。コミカライズやと第四高校制服やったけど変更されてる。

九校戦ぶりだな~~の一連の会話はアニオリ。

姉弟が訪れたタイミングでポツポツと雨が。原作では天気の話は無いのでここはアニオリ。

毎日々々魔法の特訓に勤しむ兄の体調を慮って、姉弟をあまり歓迎できない気分になっている深雪の内心を反映した演出とか?

硬い表情&冷や汗な文弥くんも可愛い!

四葉真夜からの手紙!?

〈来訪者編13〉と同じ!!!

このカット好きすぎるんだが?

しごできガーディアン

完全同意(笑)

まず家にペーパーナイフが無い(笑)

この構図は初めて見たような? 気のせい?

断っても構わない仕事への協力を「依頼」してきた理由、それは(おくちチャック)

なおこの周公瑾のカットはコミカライズ準拠の構図。

一般論はやめよう委員会委員長ぼく「一般論はやめよう」

『魔法科』は、この時代における手紙の役割の設定とかもちゃんとあるので、原作推奨すぎるんだよなぁ。

文弥「周公瑾ですが、横浜を脱出したあと、海路を西に向かい伊勢に上陸。その後、一度琵琶湖大橋で捕捉したものの取り逃がしてしまいました。現在は京都の大原周辺を捜索中です」

「大原」は後鳥羽天皇大原みささぎのことなので、たぶんこういう感じ。

破魔矢、紙人形、符、巻物……最高な伝統派のカットきた! これもコミカライズ準拠の1枚!

魔法科アニメ、こういう系のカットをコミカライズから引用しがちで助かる~^^

お札と巻物の模様、8話で『哮天犬』を出すときに周が使ったのと同じじゃない?

「周公瑾が九島家に送り込んだ方術士3人は、その後逃げ出して伝統派に合流」

ここでその3人をあらためてチェック。〈古都内乱編〉で出て来るかな……

浮かない顔の文弥君でアヴァン終了~!

今期も凝ってるよねぇ!

Aパート

9月23日(日)

Aパートはアヴァンの続きから。

真夜さまの手紙を、達也が念のため『眼』で読み取っている。

にしても、文面なんか可愛いな?

前略 ごめんください

今回は達也さんにお願いしたい事があり筆を執っております。
早速本題に移らせていただきますね。

達也さんに「周公瑾」の捕縛について協力を依頼します。
依頼についての詳細は文弥さん亜夜子さんからお聞きになってください。

なお、こちらの件は依頼という認識で相違ありませんので
辞退しても構いません。深雪さんとも相談の上で、諾否をお返事ください。

草々

四葉真夜

アニメ〈古都内乱編Ⅰ〉Aパートより.

同じことしてて草

感想ブログの下書きを終えるまではしばりんさんのツイート見ない様に気をつけてるので(見ちゃったら引っ張られる)、ひととおり下書きを終えてから「やっぱやるよね~www」ってなりがち笑

その後のこの達也の目。これ見たとき、

何故かすげぇコレ思い出した。笑

達也への命令権の優先順位の話が出るとは思ってなかった。

深雪の安全確保>独立魔装大隊>真夜の命令

それにしてもこの水波かわええ^^

ん? 「草々 四葉真夜」のあとにも何か書いてある……「司波達也 様」か?

「時々は家を空けなければならない日も出て来るだろう」って言われて視線を落とす深雪。

他人事感覚で聞いてたらいきなり呼ばれてビックリする水波ちゃ!!!^^

わかる(わかる)

四葉家にとってはお前は深雪のガーディアンだ。しかし俺にとってはそれ以上に、お前は数少ない信を置ける魔法師だ」

原作読んでてもいま一つ納得いかないところなんやけど、達也って何でこんなに水波を信用してるんやろ。原作には「自分の目で見て判断して信用できると言っている」って書いてあるから、日常生活の中でそう判断したんやろうけど。(来訪者編13のシーンは置いておく)
あとは穂波の影響も強いんかな。

6/5追記
25巻の82・83・92~94Pに一応理由あったわ。すっかり忘れてた。そろそろ全部もっかい読み直さないとな……

水波の真面目な表情、正直好き。

9月24日(月)

9月最終週の第一高校

生徒総会と生徒会長選挙が週末に迫っててザワザワ。

そういや2095年度の選挙、深雪と達也に投票した人いっぱい居たんやったw

読もう!

読んで!!!

ワイワイする会長選挙、おもしろいので原作5巻をぜひ!

小説『魔法科高校の劣等生』5巻

コミカライズも出てるでよ!!!

コミカライズ〈会長選挙編〉(柚木N’/DC NEXT)

けっこう久々?な気がするエリカ~!

そういや論文コンペも近いんやった。

横浜国際会議場。技術的なテーマが評価されがち。

2096年度の会場は京都新国際会議場。純理論的なテーマが好まれがち。

ちな、もともと京都国際会館っていう建物があって(実際にある)、大戦後に建て替えたときに名前も変更された[Ⓝ劣-15-78]

GWに巡礼してきました^^

レオ「達也にしてみれば、得意分野が活かせないってことか」
達也「ま、そういうことだ」

また嘘ついて! アナタ、魔法の開発で忙しいだけでしょ!笑

9月29日(土)

日付は一気に飛んで土曜日。

原作では、この日の日中に生徒総会と生徒会長選挙が行われ、100%の信任で深雪が当選した。

カットされちゃったアイネブリーゼでのお祝いシーンは、原作14巻とコミカライズ1巻で!!!

小説『魔法科高校の劣等生』14巻
コミカライズ〈古都内乱編〉1巻(柚木N’/DC NEXT)

達也が藤林響子に電話を掛けるシーンは、日付は大きく変更されてるけど、時刻は原作通り19:25。

オラ知らねえゾ……

九島烈への用件と聞いて緊張するけど、仕事内容が「周公瑾の捕縛」だと聞いてホッとする響子の演技が良かった。「硬い声」ってこういう感じになるんや~って。

タイミングの良すぎるノック。怖いんやけど。笑

(なお原作では達也の方からリビングに行って、お茶しながら深雪と話すので、こういう怖さは無い)

しばりんさんもツッコむ。笑

独立魔装大隊にご助力を請われるのですか」

四葉家の仕事に国防軍が介入するのは良くない。だから達也は風間ではなく響子に電話した。

電子の魔女エレクトロン・ソーサリス」カット! これもコミカライズ準拠!! ありがたや~!!!

でも達也、それ言っちゃうと……

ちょwww ヤメロwwwww

ほらこうなる~!

前にも同じことあったでしょ!

コーヒー凍っとる!!!

けど、「どこで手に入れられたのですか?」とか聞かれたら、さすがに「どこでもええやろがい!」って気持ちになる。笑

人造精霊、まさかのこのタイミングで来た!

原作とぜんぜん違うタイミングやったからビックリした。

サクッと『分解』

霊子情報体の核が無い、想子のみでできた孤立情報体なので、『術式解散』グラム・ディスパージョンのノリで壊した。

わざと尾行を許した亜夜子文弥に怒る深雪。まぁねぇ。

あの日の帰り道のシーンが挿入。

文弥の表情コロコロ変わってかわいい^^

亜夜子にほっぺムニュムニュされるのも見たかった~。

安定のこなりさんイラスト^^

コップの持ち方変わってるの気づかなかったw

怒って悲しむ深雪。これは達也が悪い。

ただ、申し訳なさそうにしてる達也からしか摂取できない栄養素があるので、達也には今後もぜひ失言して怒られてほしい。笑

Bパート

10月1日(月)

Bパートは、新体制がスタートするシーンから。

新しい生徒会が発足!

幹比古香澄もいるのは、生徒会と同じく新体制に変わった風紀委員会との顔合わせ的なアレやろか?(原作・コミカライズから状況が少しアレンジされている)

生徒会副会長・七草泉美

生徒会会計・光井ほのか

生徒会書記・桜井水波

生徒会書記(長)・司波達也

そして生徒会会長・司波深雪~!

この雫めっちゃ好きw 書記長って何なんやろなぁw

てか原作を初めて読んだ当時、政治とか政党とか興味なくて、これ作者の皮肉なんかもしれんって可能性に全然気づかんかったわ笑

香澄(うわっ……)

ここも凄く好きw 推しのいるオタク早口www

カットされた、選挙後のアイネブリーゼのシーン[Ⓝ劣-14-85,©古-1-58・59]が、タイミングとセリフの内容を変えて再現されてる。

ちょっとオタク早口の中身が気になったので文字おこし。

美貌と才能を兼ね備え第一高校史上初となる100%の信任を得られた深雪先輩のせ(モゴモゴ)

アニメ〈古都内乱編Ⅰ〉Bパートより.

そんでこの目が好きw

泉美の発狂からしか得られない必須アミノ酸もあるので、カットされたところから抽出してくれたのめっちゃ嬉しい!

水波の視線くさ

そうなんや!!!

部屋のすみでコソコソと端末を見せるw

端末画面右下の図柄、周公瑾のお札と一緒。

この達也、すげぇ1期感ない? 気のせい?

その直後の「そうか危ないものだったんだな~」の演技がめっちゃ棒読みで笑ったw

夜、「仕事」の件で葉山に電話する達也。(原作から日時がズレている)

時計を見ると……え? 深夜1時ってマ?

「それに九島家には、先月の一件で個人的に貸しがあります」

ワイ(先々月、では……?)

オデ ココ スキ

ここの「ははは」って笑う葉山さん、レアすぎてテンションめちゃ上がった!

最後に葉山に爆弾を落とされたところで視線を落とし小さく息を吐く達也。原作に無い動き、こういう風に表現されるんやなぁ~

かわいい真夜さま

木石を見るような眼差しの葉山さん!

かわいい×4!!!!

どんだけわろてんねんw

10月5日(金)

論文コンペの準備で忙しかった一日が終わり、帰路でコミューターを待つ3人。

ここの会話はアニオリ! 「書記(長)」の説明はどっかで要ると思ってたから良かった。

達也(アッハイ)

怪しげな男(伝統派の魔法師003)がコミューターから降りてきて……

って、行動判断早ッ!

人造精霊の自爆によりばら撒かれる想子サイオン想子の煙幕)。

でももう対物・耐熱障壁魔法を展開済み。早!

しかし次の瞬間、噴水の水が全て水飛沫に変わり、濃密な霧に変化する(霧を発生させる魔法)。

達也が水波に『下降旋風』を指示。

なぜ『下降旋風』を選択したのかという理屈は後述。

敵の干渉下にある霧が広がっていく。

霧に紛れてもう一人(伝統派の魔法師004)がコミューターから出てくるが、

水波の『下降旋風』で上空から引きずり降ろされた空気により、霧が吹き飛ばされる。

影の付け方が怖い!!!

破魔矢をセットしたクロスボウを構える男が驚く。現代魔法師ですが何か?

これ死んでない? 大丈夫?笑

達也の背後から何らかの魔法を放つ伝統派の魔法師003。

しかし深雪がこれをブロック。

認識阻害の透明化魔法で逃走を図るが、

深雪の(たぶん)『領域干渉』無効化され、

体温低下の魔法で眠らされた。

体温低下の魔法は加減が難しいけど、上手くできたので褒める達也。

オデ コノ表情 スゴイ スキ

近づいてくるサイレンの音。もちろん事情聴取はされます……。

「去年の九校戦開会式で、九島烈が使用した術式と同系統のものだ」←呼び捨て(そらそうよ)

この髪型かわええ^^

キリッとした水波ちゃもかわええ^^

なおよんこま編のキリッ水波ちゃ:

ゆ、指が……

これ好き

達也たちを明確な敵として襲撃してきた伝統派魔法師は、達也たちのことを古式魔法師だと思い込んでいた。つまり、伝統派は達也たちの素性を知らない。

いっぽう、敵が文弥亜夜子の後をつけてきたことはほぼ確実で、二人の知名度は九校戦で高くなっている。そして四葉家の血縁に「黒羽」という家があるらしい、という噂が流れている(真夜が意図的に流した。詳しくはSS巻『目立とうミッション』を参照)。このことは敵も当然知っているはず。

そこまで分かっているのに、敵は達也たちの正体(四葉家の魔法師であること)に気づいていない。
ここから、敵は達也たちを「黒羽に雇われた古式魔法師」として認識していることが分かる。

「黒羽の協力者」としてしか認識されていないのであれば、友人にも被害が出る可能性がある。

無いわけなかろうもん!!!

護衛を依頼するため、八雲を訪ねる達也。
〈スティープルチェース編〉の時と同様、僧坊に煙が漂っている。

ここの会話は、原作の再現とアニオリの融合!(時系列が移動している部分[Ⓝ劣-14-102∼106]と原作で描かれていない会話[Ⓝ劣-14-137・138]がくっついた)

きっちり正座な達也!!!

こわこわな八雲もいいですねぇ~(ニッコリ)

ホンマ原作読んでほしい!

悟る気あんの?笑

Cパート

最高のタイミングで挿入されたEDの後のCパートは、襲撃翌日の10月6日(土)の夕方。

これ、原作から場所と状況が変更されている。

原作では、まず生徒会室のシーンから始まる。その場にいる「護衛対象」はほのか達也はまずこの2人に襲撃を受けた旨を説明し、ほのかをしばらく雫の家に泊めるように言う。

次に講堂で、幹比古レオエリカの3人に注意喚起をする。

しかしアニメ第9話では、全員を屋上に呼び出して注意喚起を行った。これ重要!(後述)

論文コンペ代表(五十里啓中条あずさ三七上ケリー)の護衛はダイジョウブダヨ~(千倉朝子・北山雫・壬生紗耶香千代田花音桐原武明

ほのかは雫の家でお泊り。

幹比古、エリカ、レオは自分で気をつける。

これはしばりんさんのツッコミ:

エリカ「心配なのは美月だわ~」

はいここから最高のアニオリ!!!

まず最高すぎるエリカ×4!!!!

良いデフォルメです^^

6/5追記:
大感謝すぎる~!!!

ハイこれ! これ最高ね!!!

原作でも幹比古が美月の守護を請け負うことになるのは同じなんだが、その場に美月はいないのだ!

しかしアニメver.では達也が全員を呼び出したので、ここに美月もいる!

だからこそこのシチュが生まれた!!!

これもうプロポーズでは!?!?!?

プロポーズってことでヨシ!!!

最後のキラーンは何なんやろ???

あ~そういうことなん?!

資料ピックアップ

キャラクター

電子の魔女エレクトロン・ソーサリス」。
藤林響子の異名。

あまりに最高なコミカライズ準拠の止め絵。

ちょっとアレンジ入ってるけど、これもコミカライズ準拠。

コミカライズの良い構図を使って省エネ化してるんかな?

そしてこれもコミカライズ準拠!

伝統派の魔法師003004

なお001002司波家人造精霊を飛ばした二人組で、アニメではカットされたが、原作では八雲の弟子によって確保済み。

周公瑾が九島家に送り込み、その後逃げ出して伝統派に合流した3人の方術士

魔法・魔法技術

人造精霊

人造精霊は、「式」式神しきがみ式鬼しき)の現代魔法的な表現。
精霊の発生プロセスを人為的に、主に古式魔法の技術で引き起こして作り出した孤立情報体のことを指す。(ただしその限りではなく他のパターンもある)

霊子情報体の核を持つ「式」もあれば持たない「式」もあるが、今回は持たないタイプだった。

想子の煙幕

人造精霊の自爆で高密度の想子サイオンを撒き散らし、想子の煙幕を生み出した。

密度が高すぎて、想子を識別する魔法的な知覚力を妨げる。

コミカライズの文言によれば、この状況だと次の魔法の発動を知覚できなくなるとのこと。

対物・耐熱障壁魔法

水波が展開したのは、原作によれば対物・耐熱障壁魔法

霧を発生させる魔法

続いて使われたのは霧を発生させる魔法

霧の微小水滴は術者の干渉下にある。

下降旋風

霧を吹き飛ばすために水波が使ったのは『下降旋風』。上空から空気を引き寄せる魔法

もし達也たちが霧に覆われたあとに発動していたならば、気流操作魔法は行使しにくい。これは、操作の対象となる空気が敵干渉下にある微小水滴と混ざり合った状態になり、魔法の照準が阻害されるためである。

しかし今回、『下降旋風』は霧が達也たちの周りに届く前に発動されたので、問題なく上空の空気を照準することができた。

認識阻害の透明化魔法

敵が逃走のために使おうとしたのは認識阻害の透明化魔法

の反射や屈折に干渉するのではなく、自分を認識しにくくする精神干渉系魔法

2095年度の九校戦九島烈が使用した術式と同系統のもの。

領域干渉

ここで深雪が使ったのは、原作によれば『領域干渉』

たぶん、敵の周囲を深雪の干渉下においた状態を、氷の粒が舞う描写で表現したんだと思う。

体温低下の魔法

敵を眠らせたのは体温低下の魔法。体温を下げることで身体機能を奪い無力化する。下げる温度が数度違うだけで後遺症を残してしまう、加減の難しい術式。

描かれている魔法式振動系

武器・魔法具

伝統派の魔法師004が構えていたクロスボウには、破魔矢がセットされている。これはSBを介した魔法精霊魔法SB魔法)を妨害する道具で、魔法式対象に直接投射する種類の魔法にはあまり効果が無い。

伝統派の魔法師003が左手に持つ数珠については、魔法具なのか何なのか不明。

施設など

司波家

司波家外観。

たぶんレア角度。

しばりんさんが指摘してた窓ガラス。

気持ちは分かる。笑

達也の私室。

世界時計?

一番デカいのは日本で、19:25を指している。
他は順に、11:25(23:25)、12:25(0:25)、1:10(13:10)、3:10(15:10)を指している。

サマータイムだとすれば、8時間前(11:25)はイギリス。7時間前(12:25)は、たとえばドイツとフランス。残りの二つはよく分からない……15分のズレ is 何?

天井。初めて見たかも?(わからん)

達也の謎デバイス。原作では生徒会室の固定端末やけど、コミカライズではスマホっぽいやつになってるので、これもコミカライズ準拠かな?

黒羽家

亜夜子文弥が乗っていた車。黒羽家のかな?

司波家の最寄り駅

司波家最寄り駅のコミューター乗り場。