「対比的理解」カテゴリーについて

対比的理解の試み
この記事の要点

【背景】
魔法をもっと理解したい。そのためには、情報体次元・物質体次元・精神体次元の3つについて理解する必要がある。しかしこれらは現実には存在しないため、理解は非常に困難である。

【気づき】
①これらの次元について正確に理解するのではなく分かりやすい例を見つけ、それと対比しながら考えた方が、魔法というものを理解できるかもしれない。
②「情報」というキーワードによる結びつきを基にすれば、情報体次元をインターネット世界に、物質体次元を仮想空間に、精神体次元を現実世界に置き換えることができそうだ。

【本カテゴリーの目的】
理解しにくいものを理解しやすいものに置き換えて考え、魔法にまつわる様々な謎を解釈していく。

【目的達成のための方針】
情報体次元をインターネット世界に、物質体次元を仮想空間に、精神体次元を現実世界に置き換え、対比しながら考えてみる。

◇◇◇

魔 法 と は 何 か ?

この疑問は、『魔法科』ファンの多くが感じることだと思います。本wikiは、魔法を含めたいろいろな疑問を解消したい、この世界を解き明かしたい、『魔法科』という作品の手引きのようなものを作ってみたい、という想いで始めたものです。

魔法について、佐島先生は非常に緻密な設定を組んでいます。それが大きな魅力のひとつなのですが、一方で緻密すぎて分からないというジレンマを生んでいます。おまけに科学的知識も要求されるので、なおさら分からなくなります。

僕はこの悩みについて、wiki化によって解決を図れないかとチャレンジしてきました。しかしこのやり方では、結局のところ作中に散らばっている情報を取りまとめているに過ぎず、体系的に整理できないため、全体像が一向に見えてきません(あまりに細かい情報まで取り込んでいることも大きいでしょうが)。

事象の変化は情報として刻まれる②情報の改変を通じて事象を改変する、の2点は、何となく分かる気がします。イデアなる存在を前提とすれば、「そういうもの」として受け入れることができます。

しかし③事象改変を起こすためにはイデアへのアクセスが必要という点については、必要であることは分かりますが、具体的なアクセスの仕方がイメージできません(当たり前)。

そして魔法師ならば誰しもがイデアにアクセスしエイドス認識できる⑤イデアを通じた認識は映像としてではなく「概念」として流れ込んでくる『精霊の眼』ではイデアの中のエイドスを意識して個別に見分けることができる⑦意識して無意識を動かすことにより魔法式を構築する、およびこれ以降に続く様々な理屈は、わからないことばかりです。

これまで何とか理解しようとあがいてきましたが、そもそもの話、魔法にまつわる重要設定である物理次元・イデア・精神の次元を正しく理解できるはずがありません。どうしても乗り越えられない壁が、ここにあります。

存在しないものは理解できない

◇◇◇

しかし先日、あるマンガを読んで、ちょっとした気づきを得ました。

ひょっとすると、これら3つの次元のことを、正確に理解する必要は無いのかもしれません。

それよりも、もっと分かりやすい事例と対比することで、理解しやすくなるかもしれません。

つらつら考えているうちに、この「分かりやすく対比できそうな組み合わせ」を見つけました。

すなわち、①情報体次元はインターネット世界に、②物質体次元は仮想空間に、③精神体次元は現実世界に、それぞれ置き換えることができるのではないか、ということです。

……原作中で、佐島先生はしょっちゅうコンピュータ言語的な表現をしているので、当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが……。

理解のための対比案

① 情報体次元(イデア) → インターネット世界

② 物質体次元(物理次元・実体次元) → 俗に仮想空間と呼ばれるもの

③ 精神体次元(精神の次元) → 現実世界

図にすると、次のような感じになります。

仮想空間はVRゴーグルをのぞき込むタイプではなく、『マトリックス』や『ソードアート・オンライン』のようなフルダイブ型のイメージです。

魔法科世界と現実世界の対比案

魔法科世界と現実世界のそれぞれにおいて、これらの次元/空間は「情報」「意思」などのキーワードによって、似たような形で結びつけることができそうです。

魔法科世界と現実世界の対比例

あくまで「似ている」「対比できそう」という話なので、細部まで完璧に一致するはずはないと思いますが、「魔法を理解する」という目的には有効そうに思えます。

◇◇◇

このカテゴリーでは上記の対比に照らしながら、それぞれの次元、サイオンプシオンイデアエイドス思考感情情報認識魔法の仕組みと様々な魔法、精霊パラサイト美月が見ているエネルギーの移動、魂魄、生と死、などといった項目について、可能な範囲で考察してみたいと考えています。

僕は、他人の魔法考察記事・動画をあえて読まない・見ないようにしているので、もしかしたら、このような対比は既に誰かが行っていることかもしれません。かなりありふれた発想だと思うので、ありそうな気はします。

まぁ、何事もチャレンジということで、少し考えてみます。

※wiki化はwiki化で続けていきます。

タイトルとURLをコピーしました